ようこそ

皆様

久しくご報告が遅れてしまい、大変申し訳ございません。東京での開催を予定していたthe 3rd International Conference on Sublobar Resections for Lung Cancerは、延期のご報告をさせていただいておりましたが、最終的に本会議は2021年10月29, 30日に山形市で開催させていただくこととなりました。

最初の会議は2018年にパリで、2回目はニューヨークで開催されました。そして、3回目は山形で開催されます。ご存じのように、本邦を始めとしてアジア諸国は、この分野で世界をリードしています。外科治療以外にも放射線療法やその他の局所治療も大きく進歩し、またロボットや内視鏡装置の進歩など、数多くの技術がその治療を後押ししています。今回はJCOG0802の結果を報告いただくなど、肺癌縮小手術はまさに興味深いテーマが目白押しです。
新型コロナ感染症は、ようやくワクチン接種が始まったものの、未だ収束の兆しを見ることができません。しかし、当初の予定から1年半の長きインターバルを置いたからには、なんとか現地開催を行いたいと念じる次第です。今後の状況を見据えつつ、柔軟に対応して参る次第ですが、今回の会議では、一般演題(口演・ビデオ・ポスター)のご発表も可能です。皆様のご発表は、日本呼吸器外科学会の各種資格審査等の業績において国際発表の業績としてご使用いただくことが可能ですので、奮って演題のご登録をお願いします。
山形の澄みきった新鮮な空気と、幻とまで言われる有名な日本酒、美味しい料理を、紅葉と共に楽しめる絶好の季節です。是非とも、皆様のご参加とご発表をお願いする次第です。
この会議の延期によって皆様には様々なご迷惑をおかけした事について、繰り返し深くお詫び申し上げますとともに、改めて皆様のご理解とご協力を賜りますよう、お願いいたします。それでは、山形の地でお会いできることを楽しみにしております。時節柄、一層のご自愛のほどお祈り申し上げます。

第3回肺癌縮小手術国際会議組織委員会

代表  大泉 弘幸 拝

C
会議書記
Europe & US contact

MC’Com – Madinina Cox
+33 (0)6 35 31 40 90
contact@mc-com.fr


日本人の連絡先

Tohoku Kyoritz Co., Ltd.
Contact : Kenichi Koashi
+81-22-246-2591
3icsr@tohoku-kyoritz.co.jp

によって承認